2009年04月30日

ラーフル(黒板消し)

rahuru.jpg

ライスタ文字パネル、答えは「ラーフル」

問題では鹿児島とあるが、普通に関東でも黒板消しのことをラーフルと呼ぶ。仕事柄黒板消しは毎日のように見るが、ラベルには「ラーフル」と書いてある。それゆえ「ラーフル」は黒板消しの正式名称だと思っていた。

さて、この黒板消し、いろいろなサイズがある。通常学校使われるのは15センチくらいで、予備校などでは30センチのものが使われている。ほどである。両方使ったことがあるが、15センチのものはちょっと消すのに適していて、30センチのものは一気に消すのに適している。自分の高校では以前は小さいものしかなかったが、今年度から大きいものも導入してもらった。場面場面に応じて使い分けているが、どちらも一長一短があって、使い分けることで授業がスムーズに進む。

最近表ブログにも書いたが、黒板消し1つ取っても研究すれば奥が深い。


posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

ETC

etc.jpg

社会タイピング、答えは「ETC」

最近、ETCの割引が拡大されてきた。特に大きいのが休日最高1000円である。大都市圏内では適用されないが、地方部ではいくら走っても1000円で済む。これを利用してG大阪戦を見に行ったが、ガソリン代を含めても10000円弱で済んだ。通常の高速代は高すぎると思っているが、これだったら使う気になる。

さて、6月はロングアウェイが2つある。山形と京都である。ともにこの「高速代1000円」を利用して車で行こうと思っている。今月の超名門は京都の店らしいが、京都遠征の際にはそちらにも寄りたいと思っている。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

arctan0.2

11d.jpg

理系タイピング、答えは「11」

底辺が100、高さが20である直角三角形の底角を求める問題である。つまりtanθ=0.2を満たすθを求めれば良い。

なのだが、30度きざみだとか45度きざみの角の中にtanθ=0.2を満たすものはない。家に帰って三角関数表を見たところ11度が答えだった。

今となってはもう答えを覚えてしまったので即答できるが、さすがにこの問題はひどい、、、。高校生クイズの問題みたいだが、どういう形で出題されたのか気になる。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

「最強の勉強法」

表ブログに書いた「最強の勉強法」について。この本に書いてある方法、QMAのにおいても非常に使える。

まず使えると思ったのが「自分の興味のあるものを勉強する」という点。トップランカーのレベルだったら苦手ジャンルの勉強も必須なんだろうけど、それは結構苦痛を伴う。だったら得意分野を勉強したほうが楽しい。所詮余暇なんだし、好きなものを強化するに限る。

あと「トイレや風呂を活用する」。これも非常に有効だと思う。さまざまなサイトからDLしてプリントアウトしたものを風呂やトイレにおいてみたが、結構頭に入ってくる。
この方法も気に入った。

もともと財布にメモを入れておいて時間のあるときに見るなんて方法を取っていたが、他にもいろいろと勉強する方法はあるようである。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

井原ヘッドコーチ

ihara.jpg

スポーツ連想、答えは「柏レイソル」

レイソルは今年、監督を去年まで勤めていた石崎さんから高橋氏に替えた。去年のヘッドコーチが高橋氏だったのだが、空いたその座に井原氏がつくことになった。ちなみにGKコーチもロビンソンからシジマールになった。

で、今年の成績。1勝6敗6分の勝ち点9で17位である、、、。今年は下位3チームが自動降格となるが、モロに降格圏にいる、、、。

今年は得点こそそこそこ取っているが、失点が13戦で27点とリーグワーストになっちゃってることが特徴である。去年は得点が少ないながらも堅守で勝ってきたのだが、今年は守備が安定しないので勝ちきれない。

今年からヘッドコーチに就任した井原氏はDFで、日本代表では「アジアの壁」というニックネームがつくほどの守備の名手である。なのでレイソルでも守備の指揮をとっているわけだが、今のところ結果は出ていない。井原サン、ホントなんとかしてよ〜!このままじゃ降格しちゃうよ〜!(あとシジマールも、、、。)
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

アナログマ

anaroguma.jpg

ライスタ並べ替え、答えは「アナログマ」

地上デジタル放送推進のキャラクターはもともと草g剛氏が行っていた。しかし先日不祥事を起こし、新たなキャラクターとして「地デジカ」というものが生み出された。鹿がモデルで、角の部分がアンテナになっているユルキャラである。

もともとテレビの地デジ移行は評判が良くない。そりゃそうである。勝手に現在使えているテレビが使えなくなり、新たな出費を強いられるわけだから。実際僕も反対である。ということもあり「地デジカ」に対抗したキャラクターとして「アナログマ」が生み出された。

アナログマのAA自体は既存の熊のAAにアンテナ風の角を付けたものである。なかなかかわいいし、「アナログ放送推進」という面からも好感が持てる。ということで僕は「地デジカ」より「アナログマ」の方が好きである。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

自転車で富士五湖1周

hujigoko.jpg

社会画像タッチ、答えは左から2番目

富士山の山梨側には富士五湖と呼ばれる5つの湖がある。右端に山中湖があり、そこから反時計回りに河口湖→西湖→精進湖→本栖湖である。自分の家(およびホームゲーセン)は山中湖と河口湖の間にある。ということでこの問題は自分にとってはラクチン。でも山梨に縁がなかった小学生の頃、中学受験のために覚えさせられたのだが、そのときは苦痛だった、、、。

さてこの富士五湖、車ではどれも1周したことがある。なのだが、人力だと河口湖、西湖しか周回していない。河口湖は自転車で1周した。行くまでに4キロ、1周20キロ、帰りに4キロと結構な距離だったが、晴れている日だったので気持ちよく回れた。西湖は去年の12月に回った。付近まで車で行って、折りたたみ自転車を用いたのだが、10キロのうち最後3キロを残してパンクしてしまい、最後はさんざんだった。

残りの3つも早いとこ回りたいと思っている。でもどれも家から遠いんだよな、、、。山中湖にしても精進湖本栖湖にしても片道20キロほどある、、、。車に自転車を乗せていくかな?
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

カマキリ(魚)

kamakiri.jpg

(おそらく)ライスタ4択、答えは「カマキリ」

選択肢が昆虫ばっかりなのにもかかわらず、問題には「魚」とある。誤植かなと思いつつも「カマキリ」を選択したらこれが正解だった。

この「アラレガコ」「アユカケ」「カマキリ」はハゼやゴリと同じ科で、北陸地方では高級食材として扱われているらしい。なのだが、乱獲や環境破壊によって数が減ってしまい、今では天然記念物にしている県もあるとのことである。ゴリって食べたことがないけど美味しいらしいから食べてみたいのだが。

誤植かよ!と思ったところからこの問題について調べてみたのだが、実はちゃんとした問題だった。選択肢にひきづられて変な推測をしてしまったようである。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

新しい実力テストのテーマ

新しい実力テストのテーマが発表になった。昭和、ロボットアニメ、お笑い、アニマル、ファッション、トレイン、戦国時代だそうである。

なんだこれ?ほとんど5の検定そのままじゃん?それも、どれもこれも俺の興味ない検定ばっかじゃねーか?フード、理化学、漢字、国語はどうした?(漢字は次回実装されるらしいが。)興味のない実力テストはスルーしてれば良いのだが、どうせまたトナメに放流されるんだろ?そう考えると非常に気が重い。

あと気になるのが、これらがトナメ決勝や店内対戦で出題できるようになるかどうかである。さすがに出題できるようにはならないと思うが、もしできるなら非常に困ることになる。

なんか6も混沌としてきた、、、。なんだかなぁ、、、。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

セリエAが揉めてるらしい

seriea.jpg

スポーツ○×、答えは○

日本のプロサッカーリーグに「Jリーグ」という名称が付けられているのと同様に、海外のプロサッカーリーグにも名称がある。問題にあるとおりイタリアは「セリエA」である。他、スペインに「リーガエスパニョーラ」、ドイツに「ブンデスリーガ」、フランスに「リーグアン」、イングランドに「プレミアリーグ」などがある。

さて、問題にあるセリエAだが、どうも今揉めているらしい。テレビの放映権の分配方法に対してである。放映権はセリエAだけでなく下位リーグであるセリエBにも分配される。それが上位リーグであるセリエAのクラブの気に食わないようである。

なんでもセリエAのクラブがセリエを脱退して新たなリーグを作るという流れになっているようで、早ければ次シーズンからできるとのことである。その新リーグとセリエBの入れ替えは今までどおり行われるようだが、どうなるのだろうか。サッカーファンとしてはプレーの質が落ちないでくれればどうでも良い話なのだが。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

準決勝の出題問題の選び方

準決勝のノンジャンル固定について。総合力が問われていて、僕みたいな雑並茶臼プレーヤーにはなかなか厳しいものがある。パネルやタイピングならなんとかなるが、セレクトやマルチでは前半にビハインドを負って、そのまま終了という展開が多々ある。

そんな愚痴はさておき、ちょっと気づいたことがある。理系の出題が少ないなと感づいたところから話が始まる。新ジャンルだし問題が少ないのかなと思っていたが、どうもライスタ、社会、文系、理系という新ジャンルすべて少ないようである。

そこから導き出される仮説として「準決勝の問題はすべての問題が等確率で選ばれる」である。となると新ジャンルである「ライスタ、社会、文系、理系」の割合が少なく、分割しなかったアニ、スポ、芸の割合が多いのもうなずける。

となると準決勝の出題ジャンルはQMA5寄りに出来ているということになる。きちんとした検証をしているわけではないが、なんか芸能の割合が多い気がする。QMA5のジャンル分けに苦しめられた俺にしてみると、なんだかなぁと思ったりした。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

333×9

2997.jpg

理系タイピング、答えは「2997」

この問題、まずは東京タワーの高さを知らなければ解くことが出来ない。で、それに9を掛けるという暗算力も問われている。

東京タワーの高さは333mである。ということで「333×9」が答えである。しかし暗算だとなかなかやりにくいところである。なのだが、ちょっと気づいたことがあってパッと解くことが出来た。

333×3は999である。つまり999×3が答えになる。ここで999は1000−1である。ということで3000から3を引いたものが答えになる。ゆえに2997である。

高校生クイズからの出題だが、なかなか良い問題だと思う。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

柳沢きみお「大市民」

kimio.jpg

芸能並べ替え、答えは「特命係長、只野仁」

今回書きたいのは「特命係長、只野仁」についてではなく、柳沢きみおの別の作品についてである。

今読んでいる漫画雑誌は「漫画ゴラク」だけである。といってもコンビニにて立ち読みで済ますのだが、食いしん坊や酒のほそ道が目的である。以前、それらを読むべくゴラクを開いたのだが、両者とも載っていなかった。どうやら「別冊漫画ゴラク」を取ってしまったようである。やれやれと思い、棚に戻そうとしたのだが、ひとつ目に付いた漫画あった。それが柳沢きみおの「大市民日記」という漫画である。

これは主人公の山形という中年のオジサンの日常を描いた漫画である。政治の話やホリエモン問題、スポーツの話など、作者の社会観を山形に代弁させている漫画である。また山形(=作者)は酒が好きで、話の後半は酒とつまみについての話になる。前半の社会観の話も面白いし、後半の酒の話も秀逸である。たまたま見かけたその一話ですっかり気に入ってしまい、今単行本をそろえているところである。

この漫画、掲載雑誌が頻繁に変わっている。最初はアクションピザッツに連載されていて、その後ヤンマガアッパーズに移り、今は別冊ゴラクに連載されている。それゆえ昔のものはなかなか手に入らない。アクションピザッツのものはまだ1冊も手に入っていない。1巻なんてプレミアがついてしまい1000円以上する。まぁ徐々に集めてゆくかな。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

キビナゴ

kibi.jpg

ライスタ文字パネル、答えは「キビナゴ」

キビナゴとはニシン科の体長10センチほどの魚である。この問題で知ったのだが、鹿児島が主な産地らしい。

キビナゴは煮物やてんぷらにもされるが、僕が一番好きな料理法は刺身である。半透明のすっきりした色にで魚臭さはない。ショウガ醤油で食べると身の甘さが強調されて非常に美味しい。で、鹿児島産の魚らしく、芋焼酎に良く合う。

とは言っても現地で食べたことはないんだよね。そもそも九州自体に行ったことがないし。一度行って食べてみたいね。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

大阪で見かけた雑学並べ替え2、551

5511.jpg5512.jpg

そしてもうひとつ「551」もみかけた。大阪には「蓬莱」という中華料理屋があるが、「551」という愛称があり、雑並ではそれが問われる。僕はこの問題で蓬莱の存在を知ったが、関西では有名なお店らしい。

さて、今回は肉まんとちまきを買った。肉まんは具の味付けが甘めでコッテリ感があり、皮部分とも合っていて非常に美味しかった。ちまきもホタテや枝豆など具沢山でこちらも美味しかった。こういう点心系中華料理は冷凍のものが多いが、蓬莱では冷凍ではなくお店で作っているのだそうである。実際、ガラス張りの店内で店員が作っているのを見かけた。

たこ焼きもそうだし、ホント大阪は美味しいものが多いよな。生まれ変わったら大阪に住みたいね。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街で見かけた雑学並べ替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

大阪で見かけた雑学並べ替え1、NAMBAAD

nambaad1.jpg

去年の韓国出張の際にも書いたが、旅先で雑並の問題に出会うのも楽しいものである。今回は2つのものに出会った。そのうちのひとつが「NANBAAD」である。

これは新宿アルタ前にあるような巨大なスクリーンで、主に広告が映し出されている。難波駅から繁華街へ行く道の途中にあり、人通りも多いので宣伝効果は結構ありそうである。

こういうのって広告料どれくらいするのかな?まったく見当がつかない。1週間で10万円くらいかな?
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街で見かけた雑学並べ替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

JJCOIN@なんば

jjcoin.jpg

先日アウェイのG大阪戦に行ってきた。僕は大阪駅近辺よりも難波駅周辺のほうが好きなので、今回は難波駅の店舗を巡った。とはいってもQMA関連の友達といったわけではないので1軒だけの訪問にとどまった。行ったお店は「JJCOIN」。繁華街にあり、最近開店したらしく非常にきれいな店だった。

カードを挿して階級を見ると「黄玉賢者」と表示されていた。「あれ?」と思って筐体を見たらなんと5のものだった。まだ5を稼動させている店である。あとで調べてみたのだが、QMA6が稼動してからの開店なのに5を導入したようである。こんなことが出来るのかとちょっとびっくり。(知ってて行ったのではなく、行ってから知った)。

さて店内は繁華街らしくカップルばっかりで、QMAもカップルでやっているプレーヤーが多かった。周りは麻雀などネット対戦系のゲームだったが、店内放送が大音量でクイズには不向きだと感じた。

思わぬところでカードの期限を延ばすことが出来てよかったのだが、なんとも不思議な店である。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

柏バカ一代

kasiwabaka.jpg

アニゲー線結び、答えは「空手バカ一代」=「空手道おとこ道」、「ど根性ガエル」=「ど根性でヤンス」、「エースをねらえ」=「白いテニスコートで」

数年前からレイソルは試合前に、空手バカ一代のテーマ曲(この問題によると「空手道おとこ道」。知らなかった、、、。)の替え歌を歌うようになった。歌詞のうち「空手」のところを「柏」にかえたもので、通称「柏バカ一代」という。

レイソルの試合(特にホーム)における試合前のパフォーマンスは以下の流れで行われる。GK登場(菅野の歌+雄太の歌+スパイダーマン)→選手登場(日テレ(テレ朝かも)のプロレスのテーマ)→選手紹介→柏バカ一代→柏レイソルコール→オーバーザレインボー+ビッグフラッグ→選手紹介2回目→イングランド(11拍子)→コラジオ+選手入場。この一連の流れでどんどんテンションが高まって、そして試合が始まる。その過程でスタジアムの一体感が生まれるし、レイソルの良い部分のひとつだと思う。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ラーメン界の流行

mazesoba.jpg

ライスタ文字パネル、答えは「まぜそば」

ラーメンは流行りすたりの周期が1年程と非常に短い食べ物である。そんな中、おととし去年あたりに流行ったのが「まぜそば」である。汁のないラーメンみたいなもので、以前10年ほど前に流行した「油そば」と同じようなものである。

流行の発端は問題にある「ジャンクガレッジ」。雑誌などで名前は良く見るが行ったことはない。大宮にありちょっと遠いが、はやいうちに行きたいと思っている「宿題店」である。まぜそばで食べたことがあるのは町田の「ぎょうてんや」。さまざまな味や食感の具が麺に絡んで結構美味しかった。

さて今年の流行はなんでも「野菜ポタージュ系」なんだそうである。野菜をドロドロになるまで煮込んだスープが特徴のラーメンとのことである。「天下一品」のラーメンを想像しているが、食べたことはないのでどんなものかは分からない。「天下一品」のラーメンは好きなので、ぜひ食べてみたい。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

接頭語「ダイ」、および高校生クイズについて

di.jpg

理系タイピング、答えは「2」

高校生クイズとのコラボ企画として過去に出題された問題が配信されるようになった。問題の質は比較的良いようなので、なかなか良いと思った。あとタイピングにおいて文字数が指定されないので、複数回答が多く見られる。例えばカナダの国旗に書かれている植物を問う問題、「メープル」「メイプル」「カエデ」「サトウカエデ」のすべてが正解となっていた。QMAのタイピングにおいて僕は文字数指定は不要だと思っているのでこれはこれで面白いと思う。

あと気になったのが出題は右4ジャンル(ライフ、社会、文系、理系)が多く、左3ジャンル(アニゲー、スポーツ、芸能)が少ない点である。僕は常々「クイズの王道は雑学、学問」と主張しているが、高校生クイズはそれを踏襲ように思える。クイズ部の顧問として、今年の高校生クイズは生徒にがんばらせたいと思う。

前置きが長くなったが本題。「ダイ」は英語で「di」と書くが、これは2を表す。ダイオードは電流を一方向にしか流させない道具で「di(2つの)」+「ode(道)」の造語である。またダイオキシンは環内に2つ酸素原子を持つ環状構造の分子で「di(2つの)」+「oxin(酸素原子)」の造語である。「di」は「ダイ」だけでなく「ジ」とも読むこともある。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

尿素配合ハンドクリーム

nyouso.jpg

理系エフェクト、答えは「尿素」

アンモニア(NH3)を体内に取り込む際、アンモニアは人体に有害なので無害な形に変える必要がある。その「アンモニアの無害な形」というのが尿素( CO(NH2)2 )である。その尿素だが、角質をやわらかくしたりまた保湿性があるので、問題文にもあるとおりハンドクリームに配合される。

さて僕は冬になると手の皮がボロボロになる症状が発症する。皮膚科に診てもらったところ、尿素配合のハンドクリームを勧められた。これを塗ると一発で直るので、冬には欠かせないものである。QMA的にも乾燥してると押しぬけが起きやすくなるし。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

魔力ポイントについて

QMA6になって「魔力ポイント」という指標が実装された。これはトナメにおける最近50回で獲得した魔法石の総和である。

以前「正解率も魔法石数も正確な能力の指標にはなりえていない」という話を書いたが、これは実に良くできたシステムだと思う。ここで(まだなってはいないが)ドラフェニ組ではプレーヤーはすべて金属賢者以上とする。(踏むとドラで10個フェニで7個)

まずドラステのプレーヤー。魔力は踏んだプレーヤーの数に完全に比例する。「踏んだプレーヤー数」がそのまま実力となるので、能力を示すものとして機能している。

ドラフェニスパまたはフェニステのプレーヤーにおいても「ドラだと10個、フェニだと7個」という仕様があるので、平均順位こそドラフェニ比にかかわらず一定だが、魔力はきっちりドラフェニ比に比例する。(具体的な数値はまたいずれ計算します)。

フェニミノスパ以下のプレーヤーに関してはプレーヤーの階級が影響してくる。下位組になるほどプレーヤーの階級が低くなるので獲得できる魔力も低くなる。COMを踏んでも1個しか得られないことも下位組になるほど魔力が上がらない要因となる。

さらには深夜早朝に対する対応にもなっている。QMA3が一番顕著だが、過去作では深夜早朝プレイが優遇されていた。しかし階級が低いプレーヤーが深夜早朝では上位組に押し上げられることや、COMを踏んでも1個にしかならないことから、過疎時間帯に魔力は上がらないようになっている。

他にもいろいろな考察をしてみたが、「時とともにプレーヤーの平均階級があがるのでみんなちょっとずつ上がる」などの現象もある。どう考えても魔力ポイントは良い指標になっているという結論に至った。


追記
今の自分の魔力は1200くらいである。ユニ落ちが解禁されてからはほぼフェニステで、ドラよりもミノの方に多くいるような気がする。この前なんてガーゴイルにまで落ちたし、、、。たまにドラに行って魔力を4000とか持ってるプレーヤーを見ると、ホントすごいと思う。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

笹子トンネル

sasago.jpg

社会スロット、答えは「中央」

中央道は山梨や長野など山間部を通るため、トンネルがたくさんある。長い方から3つあげると「恵那山トンネル(8km)」「笹子トンネル(4.5km)」「小仏トンネル(2km)」である。このうち一番知名度が大きいのは小仏トンネルだと思われる。長さこそ3番目だが、東京から50キロほどと近いところにあるうえ、中央道有数の渋滞箇所なので交通情報なのでよく耳にする。

笹子トンネルは知名度こそ小仏にうはおよばないが、長さは倍以上ある。大月と勝沼の間にあるトンネルで、中央道だけでなく国道20号や鉄道のトンネルもある。山梨は甲府周辺を「国中(くになか)」、富士吉田周辺を「郡内(ぐんない)」というが、その境目が笹子トンネルである。

この問題、トナメで出題されたわけだが、「磐越」「東北」といったダミー解答が作れるせいか、半分ちょっとしか正解者がいなかった。このトナメ自分以外にも山梨接続のプレーヤーが数名参加していたが、自分含め全員即答していた。こういう「ご当地問題」は自分の住んでいる地域のものが出題されると非常に美味しい。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

エスプレッソ

demitasu.jpg

ライパネ文字パネル、答えは「デミタス」

飲み物としてのコーヒーは、コーヒー豆の香りを水に移したものである。砕いたコーヒー豆に熱湯や冷水を注ぐことでコーヒーはできるが、蒸気を当てるという方法もある。前者をドリップコーヒー、後者をエスプレッソというが、エスプレッソはドリップに比べ短時間でできるので豆の変質が少なく、より美味しいと言われている。

さて、エスプレッソはドリップコーヒーに比べて濃く出来上がる。なので飲むためのカップも小さいものとなる。それを「デミタスカップ」という。イギリス紳士が昼下がりにカフェでエスプレッソを注文し、クイっと飲んでさっと立ち去るというイメージのある飲み物だが、なんともかっこいい。エスプレッソ自体は好きなので、スターバックスなどでそんな飲み方をすることはあるが、何回やってもさまにならない、、、。早くそういうのが似合う紳士になりたいものだ、、、。(ちなみに今月6日をもって30歳になりました、、、。)
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

振り子の周期、および理系タイピングについて

huriko.jpg

理系タイピング、答えは「3」

最近、理系タイピングに凝っている。武器にしようと思っているライスタのパネルクイズはまだまだ固まってないのだが、理系タイピングが非常に楽しい。なんつーか、問われていることが自分のスイートスポットにはまってる感じなんだよね。脳ミソの奥の奥からなんとか答えをひねり出したときなんかは非常に気持ちが良い。

さてこの問題、振り子には「等時性」という性質がある。振り子の往復する周期は振れ幅や重りの重さなどには一切影響を受けないというものである。関係するのは振り子の長さと重力だけで、周期をT、長さをL、重力加速度をGとすると、T=2π√(L/G)という関係がある。Lが9倍になるということはTはそのルートである3倍になる。

「T=2π√(L/G)」という公式だが、さすがに最近はお目にかからないので出題時はとっさには出てこなかった。しかし「振り子の周期に影響を与えるのは長さと重力加速度」というのを思い出し、なんとか思い出せた。理系タイピングの醍醐味を味わわせてくれた問題であった。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

6のほうが100点を取りやすい理由

geinou100.jpg

先日、ミノ組みながら、6ではじめての100点満点を取った。出題は芸能マルチ。前半のアニタイが平均点以下でだったのだが、大逆転で区間賞も取れた。

1、2問目はよくわからない多答。だが123ドーンが成功してこの時点で40.00。その後、選択肢が3つの簡単な順当て、線結びがでて、ともに緑ゲージで正解。100点にリーチで最後の線結びへ。せっかくだしここは100点を取りに行くことにした。問題は読まず、選択肢をまず見て、知っている単語があったらそれを結び、しらまかったら1234ドーンでいくつもりだった。しかし出題は「あぶない」=「刑事」など超易問。1秒かからずに入力できてきっちり100点を取れた。

今作は前作に比べ100点が取りにくいと思っていた。形式が統合され6問すべてが武器ということがなくなったからである。しかしよく考えると6問から5問に減ったんだよな。この1問の差は非常に大きいと思う。おかげで苦手ジャンル、苦手形式ながら100点が取れた。


追記
前述の通り、この100点は予選後半戦で取った。しかし結果は前半との和のみ発表されるので、他プレーヤーには知らされない状態となる。逆に他プレーヤーが100点を取っていても自分は気づかないことになる。それは面白くない、、、。なんとかならんものかね、、、。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

箸が転んでも笑う

hasiga.jpg

ライスタタイピング、答えは「はし」

「箸が転がる」という状況は別段なにも面白くはない。けれどそんな状態に対しても笑ってしまうように、何があっても笑うことを「箸が転んでも笑う」という。特に10代後半の女性に多く見られることから、その年代を「箸が転んでも笑う年頃」と表現することがある。今年は高3の担任を持っているが、確かにそんな感じである。

さて最近、自分自身なぜか酒を飲むとそんな状況に陥る。飲み会や居酒屋などで気がついたらゲラゲラ笑っている。酔いが冷めてみるとなにが面白かったのかまったくわからない。これが「箸が転んでもおかしい」って状態なのだと思う。周りの人に迷惑かけてなきゃいいが、、、。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

プースカフェ

pusu1.jpgpusu2.jpg

年度替りは何かと忙しく、こっちは全然更新しないけど、やめたわけじゃないので、時間を見つけて書くことにします。

先月長野に行った際、寄ったそば屋のテーブルに長野の情報誌が置いてあった。名前は「プースカフェ」。この言葉は雑並で出題される。

プースカフェは本来、比重の違いを利用して層を作ったカクテルのことを指す。アルコールは水よりも軽いので水の上にアルコールを浮かせることができる。このように異なる比重の液体を重い順に下から並べたものをプースカフェという。

プースカフェは飲む際にストローを使い好きな層から飲む。これは雑誌において必要なクーポンを選んで使うということに似ていることから、この雑誌に名づけたそうである。なかなかしゃれてていい名前だと思った。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街で見かけた雑学並べ替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

過去に乗っていた車

supuri.jpg

アニゲータイピング、答えは「トレノ」

僕が車の免許を取ったのは大学1年のときである。このときの家の車はスプリンターである。「トレノ」のように後ろになにか修飾語句がついていたかは覚えてない。たぶんなかったと思う。

スプリンターに乗っていたのは2年だけで(免許を取る前まで考えると8年ほど乗っていたが)、次の車はラウムである。広くて自転車が運べる車がいいと提案したらこれになった。今でも実家の車はこのラウムである。

大学時代までは横浜に住んでいたので、車は家のもので十分だった。しかし、山梨では車がないと生活できない。ということで就職した年の夏に自分の車を購入した。そのときの車がスターレットである。とにかく安い車ということで計30万で購入した。この車には4年乗った。

そして今の車はラウムである。値段はけっこうしたが、実家にいた頃に乗ったときの感覚が良かったのでこの車にした。もう1年乗っているがなかなか調子が良い。13年製だが最低でもあと5年は乗るつもりである。

クイズの内容とは直接関係がないけれど、「スプリンター」という見慣れた名前が出てきたので記事を書いてみた。
posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クイズ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。