2008年11月28日

自作のQMA用語

自分の脳内やブログ記事で用いているQMA用語がいくつかある。
それらを今日は紹介したい。

<出題>
{雑学、アニゲー、…}といった集合は「ジャンル」というくくりである。また{並べ替え、スロット、…}といった集合は「形式」というくくりである。それに対し{雑学並べ替え、アニゲースロット、…}というくくりには公式な名称はない。これを僕は「出題」と呼んでいる。決勝進出時、アメリアは「ついに決勝戦よ。4人が選ぶクイズで戦うの。さぁ1つ選んで。」という。そう考えると正式な名称は「クイズ」なのかもしれないが、紛らわしいので通常は用いない。

<レギュレーション><完全上位2人抜け>
店舗大会において16人→8人→4人→1人のような勝ち上がりの様子を「レギュレーション」と呼ぶ。そのうち敗者復活などがなく、4人のうち2人が勝ちあがるシステムを「完全上位2人抜け」と呼んでいる。

<オープンドロー>
店舗大会で16人→8人→4人→1人というレギュレーションの場合、準々決勝は4試合行われる。準決勝に進む8人が決まった後、くじを引きなおして対戦相手を決めることを「オープンドロー」と呼んでいる。あらかじめ対戦相手が最後まで決められているシステムがその対極にあるが、こちらには特に名前はつけていない。非オープンドローだと、強いプレーヤーと当たってしまったら最後まで一緒なので悲惨。

<ルール>
店舗大会における出題の制限を指す。「ボンバーマンルール」や「ジャンルくじ」などが該当する。レギュレーションとは区別して用いている。


posted by サーリアル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。